プロフィール

名前 アンディ

一級建築士

インテリアプランナー

不動産、株式投資

今年一級施工管理技士を取得する予定

私のキャリアざっくり紹介

学生の方や働き始めて今の会社がなんとなく合わないかた、もしくはそもそも最初の組織は踏み台にすぎないと考えている方などに少しでも参考になればと思います。

私も大学を卒業してから入った会社に4年間勤めた後、転職して今に至っています。その時の経験についてお話したいと思います。

超普通な大学からの就職活動

大学を卒業の年は2011年でちょうどリーマンショックの影響でものすごい就職難の時期でした、私は不況であろうとなかろうとコミュニケーション能力やアピールポイントのない学生でしたのでなかなか就職活動もはかどらなかったのも覚えています。頭の中には大学院に行けばいいという考えもあり手抜きの就活をしていたことを覚えています。当然内定など出ずに就職活動の厳しさを思い知りました。

ところで、いわゆる建築設計・デザインの領域は建築設計の中でも「意匠設計」と呼ばれています。そしてそこそこの企業の「意匠設計」職として採用されるにはコンペなどで輝かしい成績があるか、学歴が往々にして必要とされています。それこそ有名企業の意匠設計は超エリートしか入れません。私にはそんな大層な学歴もありませんでしたから、学歴ロンダリングを図ろうと浅はかにも考えました。

学歴ロンダリングを図ったが失敗した大学院

学歴ロンダリングとは、そこそこの大学を卒業してから、大学院で一流大学の大学院に入ることです。地方の国立を出たあとに東京大学の大学院に入ることができれば晴れて最終学歴が東京大学となります。

結局一流大学なんだから難しいのでは?と思う方もいるかもしれませんが、普通に学部で入るよりは競争率が低いのが普通です。また、大学院入試では学力テストもありますが、それと同等以上に研究への熱心さによって合否が決まってくるでしょう。なので普通に学部で入るよりも可能性が高い場合もあるのです。

ただ、私は不真面目な学生でしたし、熱意を表現できる性格でもなかったため全然合格できずに外部受験は失敗に終わりました。結局そのまま自分のいた大学で進学することになります。

大学院では結構頑張って自分なりに論文を書きました。いくつか設計作品をつくってポートフォリオをまとめました。建築学生はどうしてもこのポートフォリオという作品集が自己アピールに欠かせなくなってきます。これも当時センスがなかったためあまりいい出来のものはつくれなかったように思います。

なんやかんや、大学院も修了し、何とか内定をもらった小さな設計事務所で働き始めました。

一つ目の会社、ブラック企業

一つ目の会社はいわゆるブラック企業だったと思います。建築設計職というのはありがちではあるんですけどね。安月給で残業代も出ませんし長時間労働。それでもいいこともありました。ブラック企業というのはそこに勤めている人はものすごくいい人達です。ブラックに耐えることができる人達ですから。なのでいい人たちに囲まれて仕事を覚えることができました。やはり待遇が良くないため生活を考えて退職することになりました。一級建築士を取得してから転職したかったですが、プライベートの充実などを考えて転職をすることにしました。

2つ目の会社、中堅ゼネコン

2つ目の会社は中堅どころのゼネコンです。絶対に一級建築士をとるよと吹いて入社できました。経験的にはブラック企業で鍛えられていたので近い年度の人に単純な仕事の処理能力では負けないと思っていましたし、実際負けなかったと思っています。

ゼネコンでも基本的には設計職なのでやることは変わりませんでしたが、設計職の楽しさの部分と同僚との人間関係にはあまり恵まれませんでした。

ゼネコンだと、現場優位ですから、設計的な試みはほとんど採用されません。現場の作りやすさ、施工性ばかりフォーカスされるので設計の楽しさはかなり低いです。

人間関係もなんだか部署同士いがみ合っていてどうにも楽しくない、部署内も大した仕事をしていないのに無駄に疲弊していたりしてストレスフルです。

現在もまだここに勤めていますが、転職か独立を考えています。

考えていること・課題

自分にもまだ様々な課題が残されていて、集客力だとかプレゼン能力など営業的な力が非常に低いです。いわゆる人を惹きつける能力が乏しいと感じています。なので、今はブログですが、今後動画メディアなどにも挑戦してしゃべりの練習やビジュアライゼーションの能力も磨いていきたいなと考えています。

あとそういうものにとらわれず持続していくにはどうしたらよいかという点も考えています。投資などもやっていますがあまりセンスがないようです。不動産もやろうとしていますがなかなか物件購入までは至っていません。

そんな感じでいろいろ考えながら過ごしています。このブログもその施策のひとつといえるでしょう。もしかしたらこのブログがメディアとして機能し、私の事業の集客ツールになったら最高だなと思います。そうして集まる人は僕の人間性を評価してくれていると思いますので。そうなったらうれしいですね。

いまは何もなせていない人間です。これからもどうかわかりません。とりあえずはもぞもぞとこのブログから動き始めている次第でございます。

よろしくどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました