会社に内緒で副業を始めるなら 法人設立 バーチャルオフィスを使おう

すべて

こんにちは

今の世の中様々な副業がありますが、私も不動産投資やこのブログの運営など副業みたいなことをしています。

個人事業主のまま続けるのであれば自分の住処を事業所にすればいいんですが、うまくいって利益が出てきてしまうと本業の会社にばれてしまいその会社によっては何らかの処分を受けることがあるかもしれません。最悪懲戒解雇とかもあるでしょう。

不動産投資でいえばあまり副業とみなされることはないのですが、税金対策や今後の拡大を見据えると法人名義で不動産を買うのも選択肢に上がるでしょう。

会社 法人を作ることのメリット

実際私は、法人を作成しています。

副業バレというのは、本業以外の収入が年末調整などでバレてしまうから起こりえますが、法人を作成して法人に利益を内部留保しておけば自分の収入にはなりませんからバレることもないでしょう。

そのかわり、法人で上げた利益は自由に使えないですけどね。会社のお金を勝手に私用で使うことはできませんからどうしてもお金を使いたいときは給与や役員報酬としてお金を会社から自分に渡さなければいけません。

なのでこの戦略はあくまで、

「本業で十分に生活ができて、将来独立を考えている」

「お金や資産を家族に残したい」

という方には効果的な方法だと思われます。

それで、自分は会社を作ることが戦略として効果的だと感じたら会社を作ってしまいましょう。

法人設立のコスト

会社を作るコストは今覚えているものだと

法人等登記費用

6万程度かかります。

法人登記のための手間

これは私はfreee法人設立でつくりました。ベーシックプランの契約が必要ですが、自分で定款などを作るのは難しいと判断しました。会計もfreee会計なかなかいいです。

法人登記場所の確保

後述するバーチャルオフィスなど利用。

実家や持ち家などで法人登記できる場合はそれでもいいです。

そんなところが主なコストかと思います。

登記住所の確保

法人登記場所に関しては、私はバーチャルオフィスを利用しています。安いですし、都内の一等地の土地を借りれますね。

バーチャルオフィスはほとんどが登記用に存在している。名義用の場所貸しなので何ということはないのですけれど。

あと、銀行口座は結構作りにくいので注意です。

プランによっては、郵送物を送ってくれたりします。

その後は維持費もありますが、

法人を維持するのに法人税で8万弱お金かかりますので、バーチャルオフィス代やもろもろで大体年間コスト15万ぐらいかかっています。

バーチャルオフィスは下記のようなものがありますね。


どのバーチャルオフィスも月額5000円弱から利用できます。年間で6万円程度でしょうかね。
もしあなたの副業が年間15万円以上生み出す余地があるならば十分法人作成するメリットはあります。
法人ならではの税制上のメリットを活用できますし、考えてみてはいかがでしょうか。

副業は何を始める?

会社の作り方はいいけど何を始める?っていう方は

自分のスキルを売り出せるマーケットサイトがあります

ココナラ

本業で培ったスキルで世の中に価値を生み出しましょう。

また、企業に発注するほどではないけど、仕事を依頼したいという方にもピッタリのサービスです。

まとめ

仕事の内容、自分ができること、そしてその受け皿をどうするかを考えることで経済的自立にどんどんつながっていくでしょう!

それでは。

この記事を書いた人
andy

現在コンサルに勤める一級建築士。
将来自由な生き方をするために試行錯誤中。
このブログもその試行の一つです。
皆さんとともに成長していきたいです。

andyをフォローする

【無料相談】ご質問や建築計画についてご相談の際は追加してください

友だち追加
すべて
andyをフォローする
SPACESHIP

コメント

タイトルとURLをコピーしました